PR

VPSを使ってできること|どのような場面で導入すると便利になるの?

VPSを使ってできること|どのような場面で導入すると便利になるの?

VPSとは、インターネット上で利用することができる仮想サーバーのことを指す言葉です。
自分で専用サーバーを用意しなくても、自由にカスタマイズを行うことができるサーバーを低価格でレンタルすることができるので、さまざまな場面で便利に活用することができると言われています。

ただ、これまでVPSを利用したことがない方からすれば、VPSを使ってできることが分からないと感じることもあるでしょう。
そこで今回は、VPSを使ってできることと、導入すると便利になる場面についてご紹介していきます。

VPSを使ってできることを理解し、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

VPSを使って何ができる?

VPS以外にも、レンタルして利用することができるサーバーは多数用意されています。
その中でもVPSを選ぶべきかどうか判断するためには、VPSを使ってできることを理解しておく必要があります。

VPSを利用して行うことができるのは、主に以下の3つです。

・メールサーバーの設置
・WEBサイトの効率的な運営
・開発環境の構築
・ストリーミングサーバーの構築
・フォトライブラリの構築

そこでここからは、VPSを使ってできることを詳しく見ていきましょう。

できること1:メールサーバーの設置

VPSの便利な使い道の1つに、メールサーバーの設置があります。
メールサーバーは24時間365日いつでも稼働している状態でなければ、使うことができません。

中には、オンプレミスを使って運用しているケースもありますが、その場合はサーバールームの環境を整えたり、セキュリティ対策を行うために多額の費用がかかってしまうことがあります。
それに比べて、VPSは低額でサーバーを利用することができ、メールサーバーを設置することもできるので、便利です。
その上、物理サーバーの管理を行う必要もないので、魅力的です。

できること2:WEBサイトの効率的な運営

自社でコーポレートサイトを持っていたり、ECサイトを運営している場合には、何かしらのサーバーを利用しているでしょう。
もちろんVPSを使っても、WEBサイトの運営は可能です。

VPSを使ってWEBサイトの運営を行うメリットは、サイト運営が効率的に行えるという点です。
特にアクセスが多いものや、独自のアプリケーションを導入する場合には、VPSを利用した方が便利です。

できること3:開発環境の構築

複数人でソフトウェアの開発を行う時には、同じ開発環境を共有できる方が効率よく開発を進めることができます。
そのため、VPSを使うことによって、実際の環境に近い実行環境を用意したり、β版のソフトウェアを公開することが可能です。

VPSはランニングコストが安いので、開発期間限定で利用することができるのも、利便性が高いと言えるでしょう。

できること4:ストリーミングサーバーの構築

VPSを使ってストリーミングサーバーを構築することができれば、そこに好きな音楽や映像を自由においておくことができます。
そして、自分が観たい・聴きたいと思ったタイミングで、自由にストリーミング再生を行うことができるのです。

ビジネスの場面はもちろんですが、利用方法を考えることによって自宅で利用することも可能です。

できること5:フォトライブラリの構築

VPS上にファイルサーバーを構築しておけば、家族で撮影した写真を簡単に共有することができます。
通常、大切な写真や動画のデータはUSBやパソコン内で管理するというケースが多いでしょう。

しかし、もしもこのデータを入れているものをなくしてしまったり、故障してしまった場合には、データが全て消失してしまう可能性があります。
そのことを考えると、VPSを使って外部のデータセンターで保管しておく方が、安心してバックアップをとっておけるでしょう。

VPSを便利に活用することができる場面

VPSでできることはたくさんあるので、さまざまな使い方を検討している方が多いでしょう。
では実際に、VPSを便利に活用できるのはどのような場面でしょうか?

・VPSで独自アプリを使いたい
・仮想OSを利用したい
・VPSでWindowsアプリを起動させておきたい
・クラウドサービスよりもお手軽なVPSを使いたい

ここからは、VPSの利用を検討した方がよいタイミングについて見ていきましょう。

VPSで独自アプリを使いたい

独自アプリを使う場合には、必ず何かしらのサーバーが必要となります。
ただ、共用サーバーは利用用途が限定されていることもあり、独自アプリを自由に扱うことができないと感じる場面が多くなるでしょう。

それに比べて、VPSは自由に動作する環境を構築することができるので、さまざまなプログラムを動かすことが可能です。
特にクラウドストレージやチャットツールを利用する際には最適でしょう。

仮想OSを利用したい

仮想OSとは、コンピュータ上に構築された仮想化環境の上で動作させられるOSのことを指します。
仮想OSを構築することができれば、物理的なサーバーやPCが必要ないので、よりコストを抑えて複数のシステムの稼働が可能です。

その上、セキュリティ面のリスクも軽減することができるため、便利だと言われています。
このような仮想OSは、VPSを使うことによって簡単に構築が可能です。

仮想OSのアプリケーションの設定も詳細に行うことができるため、運用方法に合わせて変化させることができるでしょう。

VPSでWindowsアプリを起動させておきたい

VPSを使うことによって、24時間いつでも稼働したままのWindows環境を利用することができるようになります。
もちろん自宅のPC上に用意されているWindowsを常に起動したままでもいいのですが、その場合だと高額な電気代がかかる可能性がありますし、万が一ブレーカーが落ちるなどのトラブルがあった時に動作が止まってしまうリスクがあります。

それに比べて、VPS上のWindowsサーバーを利用していれば、常時安定した環境を簡単に作ることができます。
そのため、常にWindows環境を起動したままの方が便利な、ゲームやFX自動売買ツールを利用する場合におすすめです。

常にリスクを減らした状態で稼働させられるだけではなく、月のランニングコストも抑えることができる点も魅力的でしょう。

クラウドサービスよりもお手軽なVPSを使いたい

VPSと同じ性質を持っているサービスに、クラウドサービスがあります。
クラウドサービスとは、VPSと同じように仮想的な専用サーバーを利用することができます。

しかし、クラウドサービスは自分の用途に合わせて柔軟にスペックの調整を行うことができるので、VPSに比べると費用が高額になるケースが多いです。
中には従来課金制となっているところもあり、気づかないうちに予算をオーバーしてしまうことも考えられます。

そのことを想定すると、月額上限があって低額で利用できる上に、クラウドサービスと同じ性質を持ったVPSの方が使いやすい場面も多くあります。
まずはクラウドサービスを手軽に使いたいという方には、VPSをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?VPSを使うことができれば、さまざまな環境を自由に構築することができます。
クラウドサービスと比べると自由度は下がりますが、最近はVPSでもその環境設定に力を入れているところが多く、よりできることが増えてきています。

業者によっても対応できる内容が異なるため、事前にしっかりと検討して自分に合うVPSを選択しましょう。

タイトルとURLをコピーしました