PR

VPSとクラウドの違いは?それぞれの特徴と用途について解説します

VPSとクラウドの違いは?それぞれの特徴と用途について解説します

サーバーを使って何かしらのサービスを利用する際に、VPSを導入することを検討する方もいるでしょう。
特にFXの自動売買ツールを使って資産運用を行おうとする時には、VPSが使われることが多いです。

しかし、VPSに似たサービスとして、「クラウド」があります。
厳密にはこの2つには違いがありますが、詳しくない方からすれば、どちらを使っても問題ないのではないかと感じることもあるでしょう。

そこで今回は、VPSとクラウドの違いについて詳しくご紹介していきます。
それぞれVPSとクラウドは特徴が違い、向いている用途も異なります。
VPSとクラウドの違いを比較し、自分が使いたい環境であれば、どちらの方がメリットがあるのか検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

VPSとクラウドの違い

VPSとクラウドは、同様の性質を持っているサーバーのことを指しています。
しかし、その詳細を見てみると、その違いは明確です。

VPSとは、専用サーバーのような自由度の高い環境を低価格で導入できるサービスのことを指します。
それに対して、クラウドは1台の仮想サーバーを1人のユーザーが独占的に使うことができる仕組みとなっており、VPS以上に自由度が高いという特徴があります。

VPSとクラウドの違いを明確に出るのは、以下の項目です。

・価格帯
・導入の容易さの違い
・定額サービスの有無
・環境の自由度の違い
・契約の柔軟性の違い

ではここからは、VPSとクラウドの違いを項目ごとに詳しく見ていきましょう。

1.価格帯

VPSとクラウドの違いとしてよく言われるのが、価格帯の違いです。
VPSの場合は1つのサーバーに対して、複数人が利用するという形になっています。

利用する環境は独立しており、専用サーバーのように使うことができますが、物理サーバー自体は共有しているので、その分価格を抑えることができ、月額2000~5000円程度で使用することが可能となっています。

それに比べて、クラウドサーバーは1人のユーザーが独占的に使用できるようになっています。
そのため、VPSに比べると価格が高くなっており、月額10万円程度かかってしまうことが多いです。

最近はもっと少額で利用できる料金体系のところも出てきていますが、やはりVPSと比べると高額になってしまうことは避けられないでしょう。 

2.導入の容易さの違い

VPSとクラウドでは、導入方法が異なります。
VPSはサーバー関連の知識がそこまでなくても、誰でも気軽に導入することができ、契約したらすぐに使うことが可能です。

それに比べて、クラウドの場合は自分で詳細な設定を行う必要があります。
そのため、ある程度知識がなければ思うように利用することができない可能性があります。

元々知識があって自分が利用したい方法が定まっているのであれば、クラウドの方が便利な場面も多いと思いますが、手軽に導入したい場合にはVPSの方がよいでしょう。

3.定額サービスの有無

VPSとクラウドの違いとして明確なのは、料金体系です。
VPSは定額サービスが用意されているのが多いのに対して、クラウドは従来課金制のところが増えてきています。

元々クラウドも定額サービスとなっていたのですが、そうすると月10万円程度と費用が高額になってしまう傾向にあり、誰もが個人では利用しづらい環境となっていました。
そのことを受けて、クラウドは毎月サーバーを利用した分だけ費用を払うという従来課金制を導入し、誰もが利用しやすいように環境を整えることが増えてきています。

この仕組み自体はもちろん便利なのですが、急にアクセスが増えてしまったり、予想以上にサーバーの容量を使ってしまった時には、一気にコストがかかってしまって予算を越えてしまうということもあります。
もちろんより自由度の高い環境を低価格で利用できるのは、クラウドの従来課金制のメリットではありますが、ある程度費用を抑えたいという方はVPSの定額制の方が安心でしょう。

4.環境の自由度の違い

VPSとクラウドは同様の特徴を持ったサービスとなっています。
ただ、利用目的に応じて環境を構築する際の自由度に関しては、明確な違いがあります。

VPSでも独立サーバーのように利用できる環境は用意されているため、ある程度は自分で環境を変更して使うことができます。
しかし、VPSは1ユーザーに対して1台となっているのに対して、クラウドは複数台のサーバーを自由にカスタマイズすることができる点を考えると、やはり自由度は大きく違うと言えるでしょう。

アクセスを外部と内部で分けてセキュリティを強化することも可能ですし、アクセスの負荷を考えてリソースを増減することもできます。
この柔軟性がある分、自由に環境を変更して利用したいと考えている方にはクラウドの方がおすすめと言えるでしょう。

5.契約の柔軟性の違い

VPSはクラウドに比べて、よりコストが安く設定されていることが多く、誰でも自由に使うことができる点がメリットとなっています。
ただ、VPSは利用できるリソースがコースによって設定されており、事前にそれを自分で想定した上で選ぶ必要があります。

コースを一度選ぶと年単位で契約更新となっているサービスも多くあります。
そのため、リソースが足りなくて不便に感じたり、思った以上に費用がかさんで負担を感じるということもでてくるでしょう。

それに比べて、クラウドは1つの契約で台数関係なく複数のサーバーを構築することができます。
その上、用途に合わせて自由に拡張することができるので、実際に利用しながら調整することができる点はメリットと言えます。

VPS・クラウドを比較する時のポイント

VPSとクラウドは同じような性質を持っていますが、それぞれ特徴があることが分かりました。
ただ、これから導入を検討している方の中には、どちらの方がいいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか?

そこでここからは、VPSとクラウドを比較する時のポイントについてご紹介していきます。

コスパ重視ならクラウドより「VPS」がおすすめ

コスパを求める方には、VPSがおすすめです。
たしかにクラウドサーバーと比べると自由度が低くて、使いづらいのかもしれないと思うかもしれません。

しかし、これまで利用されていたレンタルサーバーに比べると、専用サーバーのように自由に利用することができます。
そこまで規模が大きくないのであれば、定額で自由に設定して利用することができるため、便利に感じるでしょう。 

▼おすすめのVPS業者はこちらの記事で紹介しています

自由度を求めるならVPSより「クラウド」がおすすめ

より自由にカスタマイズをして、自分が使いたい環境を整えたいと思っている方は、「クラウド」がおすすめです。
アクセスや負荷の重いサービスを利用する場合、VPSでは対応できないことも多くあります。

そのような場合には、クラウドサーバーを使った方がより安定した運営ができるでしょう。
最近は従来課金制のサービスが増えてきているので、ある程度価格をおさえることも可能です。

まとめ

いかがでしたか?VPSとクラウドサーバーは似たような環境となっているので、どちらを利用するのか迷うことも多いでしょう。
しかし、それぞれを項目ごとに見てみると、大きな違いがあることが分かります。

自分の用途や利用したい環境に合わせて、どちらか最適な方を選択する必要があります。
しっかりと検討して、選択してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました