PR

XMTradingで禁止されている取引一覧|口座凍結されないために注意したいポイント

XMTradingで禁止されている取引一覧|口座凍結されないために注意したいポイント

XMTradingでは、口座開設時に利用規約への同意が求められます。
万が一この規約に違反した禁止取引を行ってしまった場合、口座が凍結されてログインしたり、出金をすることができなくなり、大きな損失を出してしまう可能性があります。

XMTradingは、業者側の都合でいきなり口座凍結をすることはありません。
ただ、ユーザーの中には禁止されている取引を知らずに、気づかない間に凍結されてしまったという方も一定数いるため、注意が必要です。

そこで今回は、XMTradingで禁止されている取引の種類について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

XMTradingの利用規約で禁止されている取引

XMTradingは、これまでの長い運営歴の中で、ユーザーが大きな利益を出したからといった業者都合の理由で口座を凍結させたことはありません。
しかし、以下のような取引を行った場合、利用規約違反として口座凍結をされる可能性があります。

XMTradingの利用規約で禁止されている取引
  • XMTradingへ第三者になりすまして登録を行う
  • 複数口座間で行う両建て取引
  • XMTrading以外の業者との間で行う両建て取引
  • 複数人での両建て取引
  • 窓開けを狙ったハイレバ取引は禁止
  • 経済指標発表後のハイレバ取引は禁止
  • アービトラージ

口座凍結の理由となるのは、すべて業者側に損失を出させる悪質な取引となっていますが、中には故意ではない状態で行ってしまい、口座凍結になる方もいるので、事前に理解しておくことが重要です。

XMTradingへ第三者になりすまして登録を行う

XMTradingでは、同一人物が複数の口座を開設することが可能です。
しかし、豪華なボーナスキャンペーンの多くは初回口座開設時のみとなっているため、2つ目以降の口座開設ではもらうことができません。

このボーナスを狙って、第三者の情報や身分証を利用して口座開設を行うと、口座凍結のリスクがあります。
第三者というと、あまり現実的ではないというイメージを持つ方もいると思いますが、家族や友人の名義での口座開設も違反行為となります。

XMTradingでは本人確認を非常に重視しており、入出金の際に不自然な現象があった場合、即座に口座凍結となるリスクもあるため、注意しておきましょう。

複数口座間で行う両建て取引

両建て取引とは、同じ通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に保有するという取引方法のことです。
価格が変動したとしても、その損失を限りなく少なくすることができるため、ローリスクで取引をしたい方に人気があります。

XMTradingでは、同一口座内での両建て取引は容認されていますが、複数口座間で両建て取引を行うことは禁止となっています。
同一口座でできるため、勘違いして複数口座間で行ったことによって、口座凍結されてしまったというユーザーもいるので、注意が必要です。

また、意図的に両建てにしようとしていなくても、気づかない間に両建て取引をしていたという場合でも、口座凍結になる可能性があります。
不安な方は、最初は1つの口座のみで取引を行うことをおすすめします。

XMTrading以外の業者との間で行う両建て取引

XMTradingでは複数口座間での両建て取引だけではなく、複数業者で行う両建て取引も禁止しています。
他の口座というのは、国内FX業者・海外FX業者関係なく、すべてのFX業者が対象となります。

他の業者とであればバレないと考える方もいるかもしれませんが、これまでに実際に他社との両建て取引で口座凍結されている方もいるため、避けるようにしておきましょう。
この場合も、故意ではなくても口座凍結の対象となるため、こまめにチェックして両建てにならないようにしておく必要があります。

複数人での両建て取引

XMTradingは同一人物が複数口座で行う両建て取引を禁止としていますが、それ以外にも複数人での両建て取引もNGとなっています。
グループを組んで両建てを行えば、利益を出すことができますが、これが発覚した場合にはメンバー全員の口座が凍結される可能性が高いです。

両建て取引は、同一口座内のみと覚えておきましょう。

窓開けを狙ったハイレバ取引は禁止

窓開けとは、チャート上のローソク足とローソク足の間に空間が生じることを指します。
この状態は、株価が大きく上昇もしくは下落していることを示しています。

これが発生しやすいのが、月曜日の市場が開場する時です。
どの市場も土日は締まっているため、土日の間に大量の注文が入ると、金曜日の終値から月曜日の始値の間に大きな価格差が生まれることがあります。

この価格差を狙って取引を行うトレーダーは多くいますが、XMTradingではこれを利用した取引を禁止しています。
そのため、月曜日の取引の際には注意しておきましょう。

経済指標発表後のハイレバ取引は禁止

相場は常に変動していますが、特に重要な経済指標が発表されるタイミングでは大きく動くことがあります。
このタイミングを狙ってハイレバレッジをかけた取引を行えば、一気に利益を獲得することもできるでしょう。

しかし、ハイレバレッジは高い利益を得られるメリットがあると同時に、多額の損失を出してしまうリスクもあります。
XMTradingではゼロカットシステムがあるため、万が一損失が出てもそれを支払うのはXMTrading側で、ユーザー側に負担になることはありません。

ただ、このような取引は業者側からすればリスクしかありません。
そのため、利用規約で禁止されているため、発覚したら口座凍結されてしまう可能性があります。

よく大きな利益を出したら口座凍結されたとSNSに記載されているのは、このことが原因であることが考えられます。
通常時に出した利益であれば、問題なく出金ができているので、取引のタイミングとレバレッジサイズには注意しておきましょう。

アービトラージ

アービトラージとは、同じ銘柄の価格のずれを利用して利益を出す方法です。
特にXMTradingで行われているのが、豪華なボーナスキャンペーンやゼロカットシステムを利用したトレード方法です。

ただ、このような取引方法は業者を陥れる悪質な取引と認定されてしまうため、利用規約で禁止されており、もし行った場合は口座凍結をされてしまう可能性があります。
XMTradingだけではなく、ほとんどの海外FX業者でアービトラージは禁止されています。

ネット上にはFXの取引のやり方を紹介している記事が多数あり、その中には手軽に利益を出せる方法としてアービトラージを紹介している人もいます。
しかし、XMTradingがこの取引を禁止している以上、どれだけ利益を出したところで口座が凍結されてしまっては、出金することができないので意味がありません。

必ず利用規約を守った取引を行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?XMTradingはユーザーファーストの取引環境を用意してくれているFX業者ですが、悪質なユーザーに対しては厳しい措置を行うことで知られています。
口座凍結をされてしまうと、そこにあった資産を失うことになるので、利用規約を事前にチェックして違反しないような取引を行うことが重要です。

中には、知らず知らずのうちに規約違反をしてしまったという方もいるため、違反行為を理解しておくようにしましょう。

\ XMTradingの公式サイトはこちら /

タイトルとURLをコピーしました