PR

XMTradingで行える6つの注文方法|それぞれの違いを理解して取引を進めよう

XMTradingで行える6つの注文方法|それぞれの違いを理解して取引を進めよう

XMTradingは、取引環境が整っている上にウェビナーなどの教育サービス、豪華なボーナスキャンペーンも充実していることから、FX初心者の方でも取り組みやすい海外FX業者と言われています。
そのため、XMTradingを利用してFXを始めたいと考えているトレーダーの方も多くいるのではないでしょうか?

FXには、いくつかの注文方法があります。

しかし、これまでFXの経験があまりないと、XMTradingではどのような注文を行うことができるのか分からないという方もいるでしょう。
そこで今回は、XMTradingで行える6つの注文方法とそれぞれの特徴について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

XMTradingの6つの注文方法

XMTradingで行うことができる注文方法は、以下の6つです。

  • 成行注文(リアルタイムで注文)
  • 指値注文(利確のための予約注文)
  • 逆指値注文(損切りのための予約注文)
  • OCO注文(利確と損切りの2つを予約注文)
  • IFD注文(新規注文と利確or損切りの予約注文)
  • IFO注文(新規注文と利確+損切りの予約注文)

ではここからは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

成行注文

成行注文

成行注文とは、MT4に表示されているレートをクリックして注文するという方法です。
その時の相場の動きを見て、どちらに動くのかを予想した上でボタンをクリックするだけというシンプルなやり方なので、誰でも行いやすいでしょう。
あまり取引に慣れていない方は、成行注文を選ぶ方が多いです。

成行注文は、6つの方法の中で唯一リアルタイムでチャートを見て取引を行う方法となっています。
面倒な手続き等も必要ないため、初心者の方でも行いやすいと人気があります。

FX上級者の中では、その時の一瞬の相場の動きを利用して利益を狙うスキャルピング向きの注文方法と言えるでしょう。

成行注文がおすすめの方
  • FX初心者で注文方法が分からない方
  • よりシンプルな方法で取引を行いたい方
  • 短時間で決済を行うスキャルピングを行いたい方

指値注文

指値注文

指値注文とは、自分が取引したい価格を指定して、事前に予約しておく方法のことです。
指定するのは、現在のレートよりもよりよい条件になった時を想定します。

例えば、ドル/円が1ドル=130円の時に、もしも1ドル=140円になったら売ると予約しておくということです。
反対に、安くなった時に買うという予約を行うこともできます。

FXの相場は常に上下をくり返しており、より安い価格で購入して高い時に売る、もしくは高い時に売りを入れて安くなった時に買い戻すという方法であれば、より利益を出すことができるのです。
それを予約して行うことができるのが、指値注文です。

指値注文には、新規注文と利益確定の2つの方法があります。
何も注文していない状態で、レンジ相場の時に相場の予測をしてより有利な状態で指値注文を入れるのが、新規注文です。
また、ポジションを保有している時に有利な価格まで上がったら売ると予約する方法が、利益確定となります。

自分の好きなタイミングで利用することができるので、便利に活用して利益を狙うことが可能です。

逆指値注文

逆指値注文

逆指値注文は、先ほど解説した指値注文と同じように、「買う」「売る」といった注文を事前に予約しておく方法のことです。
指値注文では自分にとって有利な状態の価格を予約する方法でしたが、逆指値注文では自分にとって不利な状態の注文を予約するという違いがあります。

例えば、ドル/円が1ドル=140円になったら買うと設定するということです。
基本的にFXでは安い時に買って高い時に売るという手法がセオリーとなっています。
しかし、上昇トレンド相場が形成されている際には、右肩上がりで価格が上昇していくことが考えられるため、価格が上がった時に購入しても利益を得ることができるのです。

逆指値注文も、何も持っていない状態で不利な状態の注文を予約する新規注文と、損切り注文という2つのやり方があります。
トレンド相場で利益を狙うために新規注文を行うこともできますが、反対に保有中のポジションの含み損が大きくなりそうなタイミングで、よりすばやく損切りを行う方法としても活用することが可能です。

自分が持っているポジションがチャートを見た時に含み損がふくらみそうだと感じた時には、事前に逆指値注文でリスクヘッジをしておいた方が安心でしょう。

OCO注文

OCO注文

OCO注文とは、決済を予約するという注文方法です。
現在自分が保有しているポジションに対して、指値注文と逆指値注文を入れるという方法になっています。

この2つを使うことによって、ここまで価格が上がって利益が増えたら利確を行う、もしもここまで価格が下がって含み損を抱えたら損切りをするという両サイドの対策を同時に行うことができるのです。

FXで利益を出そうと思うと、どうしても利確にばかり意識がいってしまいがちです。
しかし、実はできるだけ損失額を抑えるために損切りを行うことが重要となっています。
そのため、OCO注文を活用するといいでしょう。

IFD注文

IFD注文

IFD注文とは、新規注文に加えて、指値注文もしくは逆指値注文を行うという方法です。
ポジションを持っていない状態で実施して、120円になったら買い注文を入れて、125円になったら利確をするという、一連の注文を事前に予約することができます。

何も持っていない状態からすべてお任せで行うことができる点が特徴となっています。
ただ、IFD注文はOCO注文と違って、決済に関しては利確もしくは損切りのどちらかしか行うことができません。

リスクヘッジをしながら利益を狙うことはできないので、あまり実用的な方法とは言えないでしょう。

IFO注文

IFO注文

IFO注文とは、新規注文に加えて指値注文と逆指値注文の両方を同時に予約することができる方法です。
つまり、OCO注文とIFD注文を合算したものが、IFO注文ということになります。

例えば、何もポジションを持っていない状態から、120円になったら買い注文を入れて、130円になった時点で利確、もしも価格が下落したら115円の時点で損切りを行う、ということを事前に予約することができるのです。

このように、取引の一連の流れを事前に予約しておくことができるので、常にチャートを見て取引を行うことが難しいという方でも取り組みやすい点がメリットと言えます。
ただ、トレンド相場が形成されている時には、思った以上に価格が伸びることもあるため、予約している内容ではまとまった利益が獲得できないこともあるので、注意が必要でしょう。

まとめ

いかがでしたか?XMTradingでは、全部で6つの注文方法が用意されています。
それぞれ異なる特徴がありますし、その時の相場の動きや自分が行っている取引スタイルによって最適な注文方法は異なります。
そのため、事前にそれぞれの特徴を理解した上で、しっかりと使いこなせばより安定的に利益を出すことができるでしょう。

この中で初心者におすすめなのは、最もシンプルな成行注文です。
ただ、慣れてきたらテクニカル分析を行った上で他の注文方法を選んだ方が利益を出せることもあるので、少しずつ勉強して試してみることをおすすめします。

\ XMTradingの公式サイトはこちら /

タイトルとURLをコピーしました