PR

【XMTrading】FX初心者が意識して行いたい損切りのポイント|利益を出すために意識したいこと

【XMTrading】FX初心者が意識して行いたい損切りのポイント|利益を出すために意識したいこと

FXの取引を行う際には、少しでも手元の資金を増やすためにはより大きな利益を多く出すことが重要と考えている方もいるでしょう。
しかし、実際には適切な損切を行ってできるだけ損失額を抑えることが大切だと言われています。

XMTradingを利用する方の中には、FX初心者の方も多数いますが、高いレバレッジやボーナスが揃っている魅力的な環境なので、どうしても一攫千金を狙ってしまう方がいます。

ただ、XMTradingの高いレバレッジでハイリスクハイリターンの取引方法だと、適切な損切を行わないと損失額がどんどんふくらんでしまうということにもなりかねません。

そこで今回は、FX初心者がXMTradingで取引を行う際に意識したい損切りのポイントについて解説していきます。
XMTradingで利益を出すためにも、しっかりと損切りについて学んでいきましょう。

スポンサーリンク

XMTradingの取引で意識したい損切りのポイント

XMTradingは、高いレバレッジや豪華なボーナスキャンペーンを利用して、一気に利益を出しやすい環境となっています。
しかし、そのような環境に甘んじて取引を行っていると、案外損失が続いて証拠金がなくなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

より利益を出すことを考えるのであれば、損失を抑えるための損切りが重要です。
損切りを行う際に注意したいのは、以下の点です。

XMTradingの取引で意識したい損切りのポイント
  • XMTradingの高いレバレッジを使いすぎない
  • 事前に損切りのタイミングを決めておく
  • 感情に任せて取引を行わない
  • 逆指値注文を利用する

ではここからは、XMTradingの取引で意識したい損切りのポイントについてご紹介していきましょう。

XMTradingの高いレバレッジを使いすぎない

XMTradingでは、最大1000倍という高いレバレッジが用意されている点が大きなメリットと言われています。
これだけ高いレバレッジを使えば、少しの価格変動で大きな利益を狙うこともできますし、少額でも一攫千金を狙うことも可能です。
そのため、このような取引環境を利用したいと思ってXMTradingを選んでいる方もいるでしょう。

しかし、レバレッジはメリットだけではなく、一気に損失を招くかもしれないというデメリットも抱えています。
万が一急激に相場が変動してしまった時に高いレバレッジをかけていて、自分の予想と反対に相場が動いたとしたら、損切りをする時間もなくロスカットにあってしまう可能性もあります。

XMTradingではゼロカットシステムがあるので追証は発生しません。
ただ、口座に入金している金額がすべてなくなることもありますし、何度もハイレバレッジですぐにロスカットにあうような取引を行っていると、口座凍結となってしまうことも考えられます。

使い慣れていないうちはいきなりハイレバレッジを使わずに、少しずつ利益を積み重ねていくことを考えましょう。

事前に損切りのタイミングを決めておく

FXの取引で損失を出す原因の1つに、損切りを行わなければいけないタイミングで実行することができないことが挙げられます。
損切りを行わなければいけないのは含み損を抱えているタイミングですが、取引をしているともしかしたら相場が反転して利益が出るかもしれないという期待が拭えず、損切りに踏み切れないこともあります。

このように損切りができないと、そのまま価格が下がってロスカットになってしまうこともありますし、何度も損失額がふくらむという事態が続いたことにより、利益が目減りしてマイナスになってしまうこともあるので注意が必要です。

トレードをしていない時に損切りが重要だと分かっていても、実際にその場面に直面した時に自分で損切りを行うことができない方は多くいます。
そのような方は、事前に損切りのタイミングを決めておくことをおすすめします。

例えば、「2万円の損失がでたら損切りをする」「30pips動いたら決済する」など、自分なりのルールを決めておけば、そのタイミングで迷う必要がないので、決断しやすくなって損失のリスクを減らすことができるでしょう。

感情に任せて取引を行わない

FXの取引で損失を出してしまう原因としてよく挙げられるのが、感情にまかせて取引を行うことです。
含み損を抱えている時にはどうしても感情が強く揺さぶられてしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。

そのような時の決断の指標としてルールを決めてその通りに損切りをするという方法がありますが、実際に取引をしてみると感情の動きによってそのルールを守ることができないというトレーダーも多いです。

ただ、感情的になってしまう場面では、冷静に最適な判断をすることが難しく、その時の決断が予想外の損失を招いてしまうことも多いです。
どのような場面でも自分の感情に左右されることなく、正しく決断をすることが重要となります。

もしもなかなか冷静になれないという方は、自分が感情的になりそうなタイミングでは取引をしないという方法もよいでしょう。
例えば、1日に出してもいい損失額の許容範囲を決めておき、そこに達した時点で損切りを行います。

その後は、数日取引を行わないと決めておけば、感情的に取引を行うリスクを減らすことができるでしょう。

逆指値注文を利用する

FXの取引では、自分が用意した証拠金を使って取引を行います。
資産が増えることがあれば、反対に損失が出てしまうこともあるため、感情が強く揺さぶられて冷静になることができない方も多いです。

どれだけ損切りが重要だと分かっていても、実際に必要な場面になると行うことができずに、損失につながってしまうこともあります。
このような取引をくり返してしまっている方には、逆指値注文を利用することをおすすめします。

逆指値注文とは、現在よりも不利な価格になった時を想定して価格を指定し、事前に発注しておく方法。
ストップ注文と呼ばれることもある。反対に、有利な価格になった時を想定して予約する方法を指値注文と呼ぶ。

つまり、逆指値注文を使えば事前に指定した不利な金額に到達した際に、自動で損切りを行ってくれるということです。
この方法であれば、自分で判断しなくても決済を行ってくれるので、なかなか決断できない方にはおすすめです。

しかし、相場の動きによっては実際に価格が反転することもあります。
裁量取引であれば、現在の相場の動きから分析して、どのような行動をするのか選ぶことができますが、逆指値注文であれば機械的に価格が到達した時点で決済が実施されるため、タイミングによっては利確の機会を失うことになりかねません。

使い方によっては損失になるため、使い方には注意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?XMTradingは高いレバレッジや豪華なボーナスキャンペーンがあるので、これを利用することで一攫千金を狙うことができます。
しかし、このような取引では一気に損失を出してしまうリスクもあります。

相場の動きによっては、早めに損切りを行うことで、安定して収益をだせるようになるため、利確のタイミングはもちろんですが損切りを重視して判断するようにしましょう。
自分でルールを決めてもなかなか感情に任せて取引をしてしまい、損切りができないという方は、逆指値注文を利用してみるといいでしょう。

\ XMTradingの公式サイトはこちら /

タイトルとURLをコピーしました