PR

XMTradingでは口座凍結されるリスクがある?原因と対処方法をご紹介!

XMTradingでは口座凍結されるリスクがある?原因と対処方法をご紹介!

海外FX業者の中には、詐欺を働いていて業者都合で口座を凍結し、出金ができないようにする業者もあるという噂があります

XMTradingは運営歴も長く、日本人でも多くのトレーダーに愛されている業者です。
そのため、XMTrading側が勝手に出金拒否を行うといったトラブルはありませんが、ユーザーの行動次第では口座が凍結されてしまうリスクもあります。

そこで今回は、XMTradingで口座凍結される原因と対処方法について解説していきます。

ぜひこれらを理解した上で取引を行い、XMTradingで口座凍結されることのないようにしましょう。

スポンサーリンク

XMTradingで口座凍結される原因と対処方法

XMTradingでは、複数の条件によって口座凍結されてしまうリスクがあります。
口座凍結されてしまうと、取引ができなくなるだけではなく、口座にログインすることができなくなるので注意が必要です。
以下が、口座凍結の原因です。

XMTradingで口座凍結される原因
  • 残高がない状態で90日以上取引を行っていない
  • XMTradingの利用規約を違反した場合

そこでここからは、XMTradingの口座凍結の原因と対処方法について詳しく見ていきましょう。

原因1:残高がない状態で90日以上取引を行っていない

XMTradingでは、90日以上取引やログインを行っていない口座は、休眠口座という扱いになってしまいます。
この場合、口座を維持するために毎月5ドルの口座維持手数料の支払いが必要となります。

ただ、口座残高がない状態で90日以上のログインがなければ、すぐに口座凍結となってしまうのです。
口座に資金を入れていても、毎月の口座維持手数料で減っていくと、いつかは凍結になるでしょう。

休眠口座になってしまうと、何も取引を行っていないのに口座維持手数料がかかってしまうので、もったいないです。
そのため、休眠・凍結口座になることを避けるためにも、定期的にログインを行っておくことをおすすめします。

サブ口座として開設している方は、ログインを忘れてしまうことも多いので、注意しておきましょう。

原因2:XMTradingの利用規約を違反した場合

XMTradingでは、口座開設の際に利用規約が提示されてこれに同意するかどうかを尋ねられます。
この規約の中には、ユーザーが守らなければいけない取引のルールが記載されています。

この規約に違反するような取引を行ってしまった場合、口座凍結になることがあります。
口座凍結の原因となる利用規約違反の事例は、以下の通りです。

XMTradingの利用規約違反となる取引
  • 複数口座を使った両建て取引
  • 他のFX業者を利用した両建て取引
  • 第三者を装って登録を行うこと
  • 接続遅延等を利用したアービトラージ
  • 複数人で意図的に行う両建て取引
  • 経済指標発表時のハイレバレッジを使った取引

▼利用規約違反となる取引についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています

これ以外にも、利用規約違反によって口座凍結になってしまうことはあるので、注意が必要です。

このような利用規約違反をしてしまう方の中には、意図的に規約を破ったわけではなく、知らずに口座が凍結されてしまったという方もいます。
しかし、口座開設時に利用規約に同意している以上、知らなかったということは通用しません。

取引をする前にはしっかりと利用規約について確認をしておき、上記の違反によって口座凍結されることのないように、注意しておきましょう。

XMTradingで口座凍結された時の対処方法

XMTradingで万が一口座凍結をされてしまった場合には、どのように対処したらよいのでしょうか?
ここからは、口座凍結をされてしまった時に行いたい行動についてご紹介していきましょう。

新規口座開設を行う

XMTradingでは、凍結された口座にログインすることはできません。
そのため、口座の凍結を解除する方法はありません。

もし、もう一度XMTradingで取引をしたいと思うのであれば、新たに口座開設を行う必要があります。
同じメールアドレスを使って口座開設を行うことも可能です。

休眠中であればログインで利用を再開できる

XMTradingの口座が凍結されているのではなく、休眠口座になっているだけであれば、口座にログインを行うことができます。
そのため、ログイン手続きによって休眠状態を解除することが可能です。

しばらく取引を行っていなかったという場合には、口座凍結されているわけではなくて休眠口座になっているだけという可能性もあるため、一度XMTradingへのログインを試してみるといいでしょう。

XMTradingの口座凍結に関する注意点

XMTradingで口座凍結された際には、いくつかの注意点があります。
万が一口座凍結された時のために、事前に知っておくといいでしょう。

利益を出しても凍結はされない

FXの取引を行っている方の中には、利益を出しすぎるとFX業者側から口座凍結をされるリスクがあるという噂を聞いたことがある方もいるでしょう。
しかし、XMTradingではこれまでの長い歴史の中で、利益を出したからという理由で口座凍結をしたことはありません。

XMTradingは複数のライセンスを取得しており、厳正なる機関によって監視された状態で運営されているので、そのような措置を行うことはできません。
実際にXMTradingを使っているユーザーの方でも、多額の出金を報告している方は多いため、安心して利用することができるでしょう。

再度開設してもボーナスの対象外

XMTradingでは、口座開設時に複数の豪華なボーナスをもらうことができます。
しかし、このボーナスキャンペーンは新規口座開設者が対象となっているため、口座凍結をされてもう一度口座を開設したからといって、再度ボーナスが付与されることはありません。

別のメールアドレスを使ったとしても、XMTrading側から同一人物と確認がとれたら付与できないようになっていますし、悪質なユーザーと認定されると口座開設ができなくなる可能性もあるため、注意しておきましょう。

取引報告書はもらえる

FXで利益が出た時には、年間の金額をまとめて確定申告をしなければいけません。
そのために必要となるのが、取引報告書です。

口座が凍結されてしまうと、MT4やMT5にもログインできなくなるため、書類のダウンロードもできなくなります。
ただ、XMTradingのサポートに連絡をすれば、メールで取引報告書をもらうことができるため、確定申告前に連絡をしておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?XMTradingでは、長い時間ログインを行わなかったり、利用規約に違反するような取引を行ってしまうと、口座が凍結されるリスクがあります。
口座凍結になると、それまで自分が出した利益を出金することもできませんし、せっかく上げたロイヤルティプログラムのランクも消滅してしまうので、損失しかありません。

万が一にも凍結されることのないように、事前に対策をしておくようにしましょう。

\ XMTradingの公式サイトはこちら /

タイトルとURLをコピーしました