PR

EAで利益を上げるためのポイント|安定して収益を出すためにはどうしたらいい?

EAで利益を上げるためのポイント|安定して収益を出すためにはどうしたらいい?

自分で取引をせずに、24時間ずっとチャートを見てくれるEAは、トレーダーにとってメリットが大きいと考えられています。

ただ、どれだけよいEAを使っていたとしても、システムを稼働していれば必ず利益が出るわけではありません。

安定して利益を出すためには、より効果的にEAを稼働させる必要があります。

そこで今回は、EAで利益を出すために行うべきポイントについてご紹介していきます。

EAを使ってFXの取引をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

EAで利益を出すためのポイント

EAにチャレンジする方の中には、FX初心者の方もいるでしょう。

そのような方の場合、どうやって行えば利益が出るのか分からないという方もいるでしょう。

もちろんEAを運用する際にもFXの知識があった方がよいです。

しかし、ある程度コツを抑えて取引を行うことによって、より安定して利益を出せる状態にすることができます。

EAで利益を出すためのポイント
  • 少額から入金して取引を始める
  • メジャーな通貨ペアを利用する
  • 利益が出ていなくても少し待つ
  • スプレッドが狭い口座を選択する
  • 定期的に運用の状態を確認する
  • 大きく価格が変動する際にはEAを止める
  • 複数のEAでリスク分散を行って利益を出す

そこで今回は、EAで利益を出すために意識したいポイントについて見ていきましょう。

少額から入金して取引を始める

EAを行う際に最も重要なのは、最初は少額からスタートするということです。

どれだけこれまでの評判がよいEAでも、今の相場に合うか試してみないと分かりません。

そのような状態で多額の資金を入金してしまうと、一気に資金を失ってしまう可能性もあります。

そのような事態を避けるためにも、まずは損失になってしまっても問題ない金額から始めることにしましょう。

その後、相場に合って使いやすいEAだと判断できたら、少しずつ金額を上げていくことをおすすめします。

メジャーな通貨ペアを利用する

FXの取引では、たくさんの通貨ペアが利用されており、自由に選択して取引をすることができます。

ただ、安定して収益を出したいのであれば、メジャーな通貨ペアを利用する方がよいと考えられています。

メジャーな通貨ペアはそれだけ多くの方が取引しているので、他の通貨ペアに比べると流動性が高く、利益を狙えるチャンスが増えます。

特にEAの場合は、プログラムによって自動的にポジションを保有するため、流動性が高い方がチャンスの回数を増やして、安定的に利益が出しやすくなります。

どの通貨ペアを選んだらいいか迷った時は、「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」「ポンド/円」の中から選択するといいでしょう。

利益が出ていなくても少し待つ

EAは自分で取引をしなくても、自動で取引を行ってくれる便利なツールです。

そのため、あまりEAを使ったことがない方からすれば、万能なアイテムのように勘違いしてしまうこともあるようです。

しかし、実際に運用してみると、思ったように利益が出ないこともあります。

その要因はもしかしたらEA自体にあるかもしれませんが、EAのシステム上仕方のないことである可能性もあります。

例えば、EAの中にはローリスクで長期的に収益を狙う仕組みになっているものもあり、一時的に含み損を抱えるように設定されているものもあるからです。

このよなEAを使っている場合、使用し始めてすぐに結果が出ないのは、当然のことです。

最初は不安に思うこともあるかもしれませんが、成果がでなくても1か月程度は様子を見ながら運用を続けるようにしてみましょう。

ただ、1か月以上続けても思ったように成果が出ない場合には、他のEAを使ってみるなど検討してみることをおすすめします。

スプレッドが狭い口座を選択する

FXのEAを使って取引を行う際には、EAの仕組み自体も重要ですが、どのようなFX業者の口座を利用するのかも重要なポイントです。

特に意識したいのが、スプレッドの狭さです。スプレッドとはFX業者に支払う手数料のようなものなので、より狭い方が有利に取引ができるようになります。

もちろん利用するEAによって最適な環境は異なりますが、どのEAを使う場合でもスプレッドはできるだけ狭い方が手数料負担を抑えることができて、より多くの利益を手元に残すことができるでしょう。

中でも、より多くのポジションを保有して取引を行うEAを利用する場合には、スプレッドが狭いことがとても重要となります。

定期的に運用の状態を確認する

EAは自動で運用を行ってくれるので、放置したままでいいと考えている方もいるでしょう。

しかし、相場によっては思ったようにシステムがよい結果を出すことができないこともありますし、トラブルが発生してシステムが止まってしまうという事態が起こる可能性もあります。

そのため、ただEAに任せているだけではなく、定期的にどのような状態になっているのかこまめにチェックしておきましょう。

大きく価格が変動する際にはEAを止める

EAは事前にプログラミングされたEAによって、FXの運用が行われています。

そのため、基本的には通常の相場では問題なく取引を行うことができるのですが、急に相場が大きく変動した際には、EAが対応できずに大きな損失を出してしまうことがあります。

このようなことを避けるためにも、重要な経済指標が発表されるタイミングではEAをストップして、また落ち着いた相場に戻るまで待機した方がよいでしょう。

もしも急激に価格が変動し始めた時には、自分で対処をせずに裁量取引に切り替えて、損切りを行った方がいいと言えます。

複数のEAでリスク分散を行って利益を出す

FXのみならず、投資で最も重要とされているのは、いかにリスクを下げて運用を行うかということです。

投資をする際には、できるだけ利益を大きくする方法を考えがちですが、実は損失額を減らすことを考えることが大切だと言われています。

そのために重要なのは、分散投資をするということです。これからの相場がどのように動くのかを完全に予想することはできません。

つまり、どのロジックがもっとも利益を生み出すことができるのかは分からないのです。

そのため、複数のロジックのEAを同時に稼働させておいた方がリスクを減らして、安定して収益を生み出すことができるようになります。

もし投資に利用できる余剰資金が30万円あるとすれば、3つのEAに10万円ずつ使うといったように、資産を分散させて投資をするようにしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?EAは自分で取引を行わなくても、システムが自動で取引を実施してくれます。

そのため、誰でも楽に取引できるというイメージを持っている方もいるでしょう。

しかし、実際はシステムは万能ではないので、トレーダーが重要なポイントを理解した上で上手に使わなければいけないものです。

どれだけ評判がよくて結果が出ているEAだったとしても、これから同じような成果を出すことができるかは分からないので、できるだけリスクを下げて取引ができるようにしっかりと対策をしておくことが重要です。

最初は少額の入金から始めたり、複数のEAを使ってリスク分散をするなど、いくつかの対策を同時に実行するようにしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました