PR

EAでよく聞くフォワードテスト・バックテストとは?リアルトレードで思ったような結果にならない理由も解説!

EAでよく聞くフォワードテスト・バックテストとは?リアルトレードで思ったような結果にならない理由も解説!

EAを選択する際に、フォワードテストやバックテストの結果をチェックすることは多くあるでしょう。

しかし、この2つがどのような数値を示しているのかよく分かっていないという方もいるのではないでしょうか?

使うEAによって出る結果も大きく異なるので、きちんとEAのフォワードテストとバックテストの意味を理解した上で、どのような特徴があるものなのか把握しておくことが重要です。

そこで今回は、フォワードテストとバックテストの意味と、それぞれの役割について解説していきましょう。

スポンサーリンク

EAのフォワードテストとバックテストの違い

リリースされているEAの多くが、フォワードテストとバックテストの2種類を実施しています。

ではこの2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

バックテストは「過去のデータを使ったEAの検証」

バックテストとは、過去の相場のデータを使ってEAのシミュレーションを行った結果のことを指します。

ほとんどすべてのEAがバックテストを実施しているので、EAを利用する際にはこのデータを閲覧することが多くあります。

バックテストでチェックしているのは、過去数年間の相場にたえられるEAかどうかを証明することです。

その年によって相場は異なる動きをしています。

実際にこれから起こる相場をすべて予想することはできませんが、過去の相場をもとにシミュレーションをして一定の成果を出すことができていれば、信頼して資金を入金できるEAだと判断できるということです。

特に過去の大きな相場変動の際に、そのEAがどのような結果を迎えているのかという点をしっかりと見ておくことによって、急な相場変動にどれくらい対応できるのかを見ることができます。

フォワードテストは「実際の相場でのEAの検証」

フォワードテストとは、実際に現在動いている相場のもとでEAを稼働させて検証をしたテストの結果を指しています。

ロットを小さくした状態で少額をかけて取引をし、データをとっているので、本番通りの結果を見ることができるということです。

中には、リアル口座ではなくデモ口座で行っているケースもありますが、その場合もフォワードテストと呼びます。

フォワードテストはすべてのEAが実施しているわけではなく、バックテストのみのものもあります。

EAのバックテストやフォワードテストが結果通りにならない理由

バックテストやフォワードテストの結果がよいEAを選んだのにも関わらず、思ったような結果にならないということも多くあります。

では、どうしてきちんと検証されているEAを利用しているのに、テスト通りの結果が出ないのでしょうか?

テストの結果通りにならない理由
  • バックテストは過去の相場をもとにしたものだから
  • 過去数年分のテストしか実施されていない
  • スプレッドが考慮されていない
  • スリッページや約定拒否がない状態で検証されている
  • フォワードテストの期間は短い

ではここからは、バックテストやフォワードテスト通りの結果が出ない理由について詳しく見ていきましょう。

バックテストは過去の相場をもとにしたものだから

バックテストは、過去の相場のデータをもとに検証されたものです。

相場は同じような動きをすることがあると言われていますが、実際にそれが今から起こるかどうかは誰にも分かりません。

そのため、バックテストのような相場の状態ではよい結果が出せたEAであっても、現在発生している相場ではあまりうまく噛み合わないというケースもあります。

同じように、フォワードテストの期間でよい結果が出せていたとしても、それはその時の相場の動きが良かっただけかもしれないということです。

相場の動きを完全に予測することはできないので、バックテストやフォワードテストの結果だけですべてを判断することは難しいと言えるでしょう。

過去数年分のテストしか実施されていない

バックテストの実施期間は、EAによって異なります。

同じような結果が出ていたとしても、直近3年程度でテストを行ったものと、過去20年の相場データを使って検証されたものではその信憑性が全く異なるということは一目瞭然です。

もしも数年分のバックテストしか実施されていない場合、大きな相場変動がその中で起こっていないとしたら、予想外の変動が起きた時にEAが対応できない可能性も十分に考えられます。

スプレッドが考慮されていない

FXの取引では、取引ごとに必ずスプレッドがかかってきます。

スプレッドは常に一定ではなく、取引を行う時間帯やFX業者によって異なってきます。

できるだけスプレッドが狭い方が利益を出しやすい環境といえますが、バックテストの中ではこのスプレッドは考慮されていないことがあります。

つまり、スプレッドが0もしくは一定の状態で検証されているということです。

そのため、バックテストの結果がよいEAを稼働させたとしても、実際に取引を行うとスプレッド分の負担が発生するので、どうしても成績が悪くなってしまうということです。

スリッページや約定拒否がない状態で検証されている

先ほどバックテストではスプレッドの考慮がない状態で検証されていると解説しましたが、それ以外にも考慮されていないものがあります。

それが「スリッページ」や「約定拒否」です。

どのFX業者を使っていても、少なからずこのようなことによって自分が取引したいタイミングを逃してしまうことはあります。

しかし、バックテストではこの2つもない状態で検証されているので、最もよい環境で運用した場合の結果が出ているということです。

実際に取引をすると、思った通りにはいかないので、バックテストの結果よりも悪くなってしまうことが多いです。

フォワードテストの期間は短い

バックテストは過去の相場で実施されているのに対して、フォワードテストは現在のリアル口座での取引結果となっています。

バックテストのようにスプレッドやスリッページ等を無視することはできませんし、リアルな相場で耐えられるのかを検証しているので、一定の信憑性はあるといえるでしょう。

しかし、フォワードテストを数年かけて実施してリリースされているEAはほとんどありません。

つまり、バックテストに比べて期間が短くなっているので、どのような相場でも安定した取引ができると判断するには物足りないと言えるでしょう。

ただ、フォワードテストの結果を見ると、そのFX業者があっているのかどうかを判断することは可能です。

ただ情報を信じるのではなく、よい部分のみを活用して判断する材料にするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?EAを利用する際には、バックテストやフォワードテストの結果を見て、そのEAが信頼できるのかをきちんと判断することが重要となります。

しかし、どれだけバックテストの結果がよかったとしても、実際に運用して同じような成果が出るとは限りません。

EAを選択する時には、バックテストやフォワードテストの結果がよいとそれを信じて利用したくなるという方も多いと思いますが、安直な判断が大きな損失を招いてしまうリスクもあります。

このような事態を防ぐためにも、バックテストやフォワードテストといった結果から必要な情報だけを抜き取り、自分なりにきちんと検討をして信頼できるEAを選択するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました